ビジネスアイデア(東京の暮らし方ワークショップ)

はじめにフォーラム事例・ビジネスアイデアビジネスアイデア(東京の暮らし方ワークショップ)

このトピックには 1件の返信 と 3件の返信 があり、最後に  admin さんにより 3900日 前に更新されました。

投稿4件表示 1~4 (全4件中)
作成者 投稿
作成者 投稿
#357

admin

サイト運営者です。えー、まずは自分から。
私はいままでの人生で十数回の引越しをしてきました。首都圏での生活も長かったのですが、昨年、東京の武蔵野市へ引っ越してきて、他の街との違いに、いい意味で驚きました。実際にその街に住んでみないとわからなかったことがたくさんありました。また、今回の引越し後に、普通の会社員ではない変わった生き方をしている人とも出会いました。
そこで、変わった生き方をしている人が、自身の日常を体験してもらうワークショップ(東京の暮らし方)をやって、月3万円ビジネスにできないかと考えています。
少し参加費をいただいて友人を招待し、まずは近所を散策しながら、食材を調達をする。自宅を開放して一緒に昼食を作り、みんなで食べる。ひと通り体験し終わったところで、ティータイム。参加者に自分の生活に取り入れられそうなことなどを発表してもらい、会を終了。その後、希望者で酒でも飲みながら交流会でもいいですね。
参加費と人数のバランスを考えながら、月2~3回のワークショップで3万円稼げればいいなあと。いかがでしょうか。
まずは私が実践してみたいと思います。

#439

admin

昨日(1/22)、私の都会版月3万円ビジネス第一弾「第一回 東京の暮らし方 vol.0 前半」が終わりました。報告ページを作りました。
http://kurashikata.30000yen.biz/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

私感になりますが、イベントが終わった感触として、参加者のみなさん全員に愉しんで満足してもらえたような気がします。初回としては大成功と言えそうです。

はじめのうちは、オープン祝い・ものめずらしさでの参加もあると思うので、2回目以降は参加者が減る可能性もあると思います。しかし、「毎回参加者が満足するいいイベントを続けていけば、参加した人は友達に教えたくなるはず」という仮説のセオリーに基づいて、徐々に口コミや紹介で広まってくれないかなぁ、とのんびり構えてみることにします。

売上は10,000円でした。今後も使える道具代や、広報も兼ねた交際費などを除き、仕入れや光熱費などを含めた経費が約3,500円、粗利は約6,500円でした。

今回は初回だったため、道具・広報・プログラム作成に力を入れ、手間とお金が少しかかりましたが、2回目以降は道具代と手間が減り、交流会の菓子代や飲み物代を工夫すれば、満足度を下げることなく、経費をあと2,000円くらい抑えられると思います。

自分を除く参加者が6名(本会5名、交流会5名)で、本会1,500円・交流会500円でした。これを月に2回やったとして、このままのペースだと月2万円弱ビジネスになってしまいますが、自分もたのしかったので、まあそのくらいでもいいような気もします。あまり3万円にこだわりすぎずにやっていきたいと思います。
参加人数を増やしすぎると満足度が下がる可能性があるので、適正な人数と価格を考えていきたいと思います。

  • This reply was modified 3965日 ago by  admin.
  • This reply was modified 3965日 ago by  admin.
#456

admin

昨日(2/5)、「第二回 東京の暮らし方 vol.0 後半」が終わりました。報告ページを作りました。
http://kurashikata.30000yen.biz/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

私の体調管理が悪いばかりに、風邪をひいた状態で皆さんをお迎えしてしまいました。風邪を移さないように細心の注意を払ったつもりですが、どうだったでしょうか。それはともかくとして、内容では皆さんに満足いただけたかなと思います。

vol.0は2回セットのツアーにしたため、あえて2回目の広報・集客には力を入れませんでした。(個人的に別件で忙しかったというのいうもありますが)

2回に分けたのには2つ理由がありました。1つ目は時間をかけてゆったりとビジョンとプラン、仲間をつくるということ。2つ目は2回セットにすることで、無理なく月3万円ビジネスにできるかな、という試み。そもそも前者はツアーというよりワークショップ、後者はこちらの都合。

いいアイデアを出すには体を動かしたり、自然に触れたり、共同作業をするほうがいいと思っていますが、ツアーとワークショップは分けたほうがよかったのかもしれません。

2週間置いての2回連続ツアーは、時間を置いてビジョンを練るのにいいくらいの時間かと思っていましたが、参加者のみなさんが2週間の間ずっとそのことを考えているわけではないですよね。そう考えると、たくさん修正することがあるなあと思います。

また、2回目には新鮮味がなくなるのは確かです。2回連続の参加者が多ければ、2回目は近くの別の場所に行く予定でいました。同じ観光地にリピーターが付くのは、
「A.何回行ってもイイと思える何か」があるか、
「B.一回では見切れない」、もしくは
「C.毎回新しい何かがある」
というものが必要なのだと思います。

売上は3,500円でした。粗利はだいたい2,500円くらいでしょうか。参加者にも満足してもらったようですし、私もたのしめて個人的には大満足でしたが、ずっとこのような収支ではいけませんね。でも、最初からうまくいくとも思っていません。

参加者の皆さんが本当にたのしめたか、満足されたのかはわかりませんが、一番の収穫は、同じようなことを2回やっても、自分がたのしく十分に満足できたこと。月3万円ビジネスを続けるには、いつも自分がこうありたいものです。

「毎回参加者が満足するいいイベントを続けていけば、参加した人は友達に教えたくなるはず」という仮説のセオリーを立証するのには、まだまだ時間をかけなくてはなりません。

#553

admin

東京の暮らし方 vol.1 が終わりました。
http://kurashikata.30000yen.biz/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

他の人にナビゲーターをお願いするときは、ナビゲーターの方へ、月3万円ビジネスのプレゼントのつもりで収支を気にせずにやることにしました。そのため今回の収支報告はしません。

ではなぜやるかというと、理由が2つあります。
1つ目はやりたいからです。自分も学びたいし、他の人にも知ってほしい。質の高いツアーであれば、ツアー自体の評価は高まると思います。
2つ目は私の今のコンテンツや人脈だけでは、毎月2回開催しても成り立たないと思うからです。他のナビゲーターのいいツアーを織り交ぜながら、ツアー客を増やし、自分がナビゲーターのときはきちんと利益を出せるようにしていきたいと思います。

そういう意味では当面は、「隔月3万円ビジネス」を目指す感じになりそうです。

投稿4件表示 1~4 (全4件中)
返信先: ビジネスアイデア(東京の暮らし方ワークショップ)
あなたの情報:






<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">